topimage
デジタルに埋没した私・・待っているローライ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ヤシカマット

昭和30年代に入ると、二眼レフ自体の衰退と、二眼レフ間の淘汰が進み、
多くのカメラが、時にはメーカーごと無くなっていきます。
先のピジョンフレックスを提供していたヤシカ(八洲光学)は、
ヤシカフレックス等の低価格路線で、その後も快調に、特に海外で成功し、
カメラ好きなら誰でも知ってるブランドとして、残りました。

ヤシカの魅力は、やはり富岡のレンズにある訳ですが、
トリローザー以降、どのボディのどのレンズがそれ。。等については、よく分かりません。

中でも一番期待していた二眼レフが、
セミートマット化、
クランク式、
前面ダイアル、

等、よりローライの操作性に近くなった、ヤシカマットです。
特に前面ダイアルは国産では少ないのでは?と思います。

レンズはヤシノン銘柄で、富岡製と言われる事が多いようです。

eBayで2台セットになっていたものを購入してみましたが、
結果的には2台とも、描写面でがっかりというものでした。

何と言うか、トリローザの写りから、繊細さとコクだけ抜いたような、
、高級感がないというか、如何にも日本製レンズ的な印象でした。

・・これ、富岡じゃないんじゃないの??




にほんブログ村 写真ブログ 二眼レフカメラへどうぞ踏んで行って下さい
JUGEMテーマ:フィルムカメラ


その他の二眼レフ comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://rolleicat.jugem.jp/trackback/67
<< NEW | TOP | OLD>>