topimage
デジタルに埋没した私・・待っているローライ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Rolleiflex 3.5E ( 3.5C )

3.5シリーズもこのK4Cより、2.8シリーズに倣って、
プラナー、クセノターのレンズ搭載するようになりました。
一般的には3.5Eとも3.5Cとも呼ばれていますが、
発売当時の商品名は、相変わらず、「Rolleifelx 3.5」だと思います。
これは、当時のパンフレット等を見るとそう表記されているからですが、
ebayで購入したローライには、そういうものがよく紛れており、
リアルタイムな資料には意外な説得力があります。

3.5Cというのは、2.8Cと同じラインに受け取りがちですし、
その後,3.5E2,3.5E3と、遡って3.5Eという名称が与えられてる事を見れば、
Cは飛ばして、3.5Eとするほうが、自然でわかり易いと思います。
ここで、順番を遵守したところで、次の機種は、商品名自体3.5Fとなるので
同じ事ですから。

元々ローライは、3.5であり、その高級機として2.8が出てた訳ですが、
時代と共に2.8のほうが牽引役になり、次のFでは完全に2.8主体になります。

またこの3.5Eから、3.5系もオートマットシリーズとは呼ばれなくなります。
結局、オートマットシリーズとは、プラナー、クセノター搭載前の3.5系
=テッサー、クセナーのローライを単純に指しているようです。
T以外のローライは全てオートマットですから、この呼び方ってどうなの?と思います。

■型式名   K4C
■生産時期 1956 - 1959
■シリアル   1.740.000 - 1.787.999(プラナー)
                    1.850.000 - 1.898.999(クセノター)
■シャッター   シンクロコンパー 1/500 
■搭載レンズ  プラナー、クセノター 。全て3.5/75mm
■重さ  1,120g
■前機種からの主な変更点
レンズ以外では、露出計搭載モデルが出てきた事と蟹爪ストラップの採用でしょうか。
またビューレンズのハイドスマートがF2.8になります。
デジタル一眼全盛の今日まで、この蟹爪ストラップを越える取り付け装置というのは
ないですね(笑)。
私は、オートマットと並ぶ、ローライの偉大な発明だと思っています。

Eシリーズのメーターは、絞りやシャッター速度ダイヤルと連動はしておらず、
単体露出計がくっついてるだけです。更に算出されるのは、ライトバリュー値なので、
それに合わせて、ダイアル設定という返って面倒なものです。
あったほうが、見た目の迫力はありますが。


にほんブログ村 写真ブログ 二眼レフカメラへどうぞ踏んで行って下さい
JUGEMテーマ:フィルムカメラ


ローライについて comments(1) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








管理者の承認待ちコメントです。
from. - | 2015/11/02 09:47 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://rolleicat.jugem.jp/trackback/34
<< NEW | TOP | OLD>>