topimage
デジタルに埋没した私・・待っているローライ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ヤシカマット

昭和30年代に入ると、二眼レフ自体の衰退と、二眼レフ間の淘汰が進み、
多くのカメラが、時にはメーカーごと無くなっていきます。
先のピジョンフレックスを提供していたヤシカ(八洲光学)は、
ヤシカフレックス等の低価格路線で、その後も快調に、特に海外で成功し、
カメラ好きなら誰でも知ってるブランドとして、残りました。

ヤシカの魅力は、やはり富岡のレンズにある訳ですが、
トリローザー以降、どのボディのどのレンズがそれ。。等については、よく分かりません。

中でも一番期待していた二眼レフが、
セミートマット化、
クランク式、
前面ダイアル、

等、よりローライの操作性に近くなった、ヤシカマットです。
特に前面ダイアルは国産では少ないのでは?と思います。

レンズはヤシノン銘柄で、富岡製と言われる事が多いようです。

eBayで2台セットになっていたものを購入してみましたが、
結果的には2台とも、描写面でがっかりというものでした。

何と言うか、トリローザの写りから、繊細さとコクだけ抜いたような、
、高級感がないというか、如何にも日本製レンズ的な印象でした。

・・これ、富岡じゃないんじゃないの??




にほんブログ村 写真ブログ 二眼レフカメラへどうぞ踏んで行って下さい
JUGEMテーマ:フィルムカメラ


その他の二眼レフ comments(0) trackbacks(0)
PIGEONFLEX
ピジョンフレックス

2月になって、投稿してなかったんですね・・ちょっと油断するとこれです。

今でもジャンク状態で所有している国産二眼のひとつがピジョンフレックスです。
ご覧のように、外皮を安物ブリーフケースのものに張り替えています。
オリジナルは焚き火から取り出したような状態でしたから・・
ジャンクと言っても、ミラー、スクリーン、フードの取り付けネジを部品転用したためで、
それらが揃えば、撮影は出来ます。

購入時もジャンクで、ヤフオクで1200円で購入。送料入れても1800円程度でした。
シャッター不動、絞り不動でしたが、
シャッターはレリーズボタンが押された状態で固着していただけ。
絞りはシャッターユニット裏側のリング部分が油で固まっていたが、
絞り羽根自体は問題なく、すぐ直りました。
レンズは前玉に拭きキズがある以外、状態は悪くないです。

ピジョンフレックスは、当時の大手販売店が、ヤシカなど数社のメーカーに作らせた
ショップブランドで、ヤシカ製品のもには富岡光学のトリローザーが搭載されています。
当然、それが目的で購入しました。
その後、ヤシカは最初の自社ブランドであるヤシマフレックスを発売、
以降、ヤシカフレックス>ヤシカマットへと変わっていきます。

レンズはトリローザから、ヤシマール、ヤシコール、ヤシノンなどに変わってくのだけど、
全てが富岡かどうかはよく知りません。
とにかく、このレンズにはTomiokaと書かれています。
シャッターなどはいつまでもセイコーとか、コパルとか、書かれているのに、
何故、レンズのメーカー名を隠すようになったのでしょう。
レンズの拭きキズにあるように、昔の人は、カメラのレンズなど
眼鏡と同じ程度に扱っていて、
シャッターとかの機構ファクター=カメラだったのでしょうか。

1200円とはいえ、流石は富岡という写りに感じました。
明らかにトーン系(笑)の写りで、発色が綺麗で、ピントも自然です。
軟らかくて端正な感じの描写だと思います。・・アイレスZより何倍もいい!
3枚玉ですが、しっかりと写った上での、こういった柔らかさには高級感さえ感じます。
これは好きなタイプの写りです・・だから残っている。
フレアっぽい感じもあるが、拭きキズの影響じゃないでしょうか。


(PIGEONFLEX,RDP3)

捨て値同然のジャンクを捕まえて、「このレンズの描写は・・」
などと言うのは絶対フェアでない。
が、致命的な損傷はなく、コーティングも残っており、シャッターも動き、
露光も外れてはいない。
まして、写りが気に入れるものであれば、堂々と評価していいんじゃないでしょうか。

因みに、動作スペックとしては、完全赤窓式のクラシックなもので、巻き止めなどなく、
シャッターもNKSの1/200という最低限のもの。
スペック的には昭和28年登場のヤシマフレックスに酷似しており、
その頃のモデルではないか?と思われます。


にほんブログ村 写真ブログ 二眼レフカメラへどうぞ踏んで行って下さい
JUGEMテーマ:フィルムカメラ


その他の二眼レフ comments(0) trackbacks(0)
BEAUTYFLEX


太陽堂というメーカーの二眼が、ビューティーフレックスです。
先のアイレスと並んで、メジャーなシリーズだったのではないでしょうか。
ロゴの「Beauty」が気に入って、買ってみました。

機能的には特筆するような点は何もなく、
描写は更に何もないもので、2、3本撮ったのみでした。
スキャンも特にしていません。

二眼の重要なスペックのひとつに、シャッターがあります。
レンズシャッターとして代表的なのは、コンパーやプロンターですが、
当時の国産にそんな高級なものを搭載したモデルはありません。
高級機でセイコーかコパルの1/500。
このカメラのような普及機は、NKKとかNKSとかあるいは自社製の
1/200、1/300クラスが多いようです。
構造も単純で、大抵、レンズ前群がネジ込み式で外れ、
工具を使う事なしに、中身に到達出来ます。

75mmのレンズが一般的な中で、ここは80mmである点や、
F2.8のレンズ搭載モデルがあるなど、ややそそるものがありますが、
このモデルのレンズの印象が冴えなかったので、特に探したりはしませんでした。

当初は前玉回転式のモデルだったようですが、
デザイン的にもその頃のものの方が洗練されていると思います。

低価格路線によって、他社二眼の驚異となったビューティーフレックスですが、
国産二眼の最盛期である、昭和20年代後半で、その生産も打ち切っているようです。




にほんブログ村 写真ブログ 二眼レフカメラへどうぞ踏んで行って下さい
JUGEMテーマ:フィルムカメラ


その他の二眼レフ comments(1) trackbacks(0)
AIRESFLEX Z
今、カメラメーカーと聞いて、普通に出て来るのは、
ニコンからコシナあたりまで、10社以内だと思います。
が、TLR全盛の時代は、溢れんばかりのメーカーでカメラを作っていました。
クルマやバイクでも、かつては同じ状況であったように、
時代の中で淘汰されて来ているのです。

アイレスフレックスは、アイレス光機という会社のTLRです。

一口にアイレスフレックスと言っても、グレードがあり、
一般に出てくるのは、画像のようなモデルだと思います。


レンズはコーラルと言う、アイレス製のもの。
昭和20年代後半に出回っていました。
まぁ全体に特徴がある訳でもない普及モデルで、オークションでも底値と言えます。
これは、自分が初めて購入した国産TLRでした。


対してこちらは、高級モデルのZで、オークションでも高値の人気モデルです。
特徴は、ニッコール、ズイコー、コーラルの、三種のレンズがあるという点で、
まるでローライ35やレチナのようなTLRが、アイレスZです。
このZと後継のオートマットは、ニコンのレンズが使える唯一のTLRという事で、
当然ニッコールモデルの人気が高いのです。

スペック的には、セミオートマット、1/500秒、F3.5/75(三枚構成)
普通の二眼ですが、
このローライコードIIIレベルのスペックが、当時の国産では、ハイエンドでした。
実際、低スペックの普及機ばかり触っていると、
このZのスペックは凄いなぁと思わされます(笑)

自分が購入したのは、ジャンクのニッコール付きで、
¥5000程度(それでもノーマルより高い)だったと思います。
とりあえず、シャッターだけは動くようにいじり、
ボロボロだった外革を、安いブリーフケースの合皮に張り替えました。
国産TLRは、ローライと違って安い?接着剤を使っていたためか、
外革を剥がすのは、どれも一苦労です。

ジャンクで判断するのも何ですが、描写は特に好きではなく、
シャープだけど、厚みが無く、ハイライトが飛び易い、
国産レンズの難点としてよく言われるままの描写だと思いました。

とりあえず動いて、ニコンの名があればと、売ってしまいました。


アイレスでは35ミリレンジファインダーも出していて、
特にアイレス35は、ライカMに形状が似てる事もあり、人気のモデルだったと思います。
アイレスは主力をTLRから35ミリに移し、撤退したと聞いています。



にほんブログ村 写真ブログ 二眼レフカメラへどうぞ踏んで行って下さい

JUGEMテーマ:フィルムカメラ


その他の二眼レフ comments(0) trackbacks(0)
国産二眼レフ
(Nov.2004 Airesflex Z Nikkor RDP3)

かつて日本は二眼レフ大国でした。
四畳半メーカーと言われる町工場のような会社から、軍需品としてレンズを生産していた会社まで、
実に多くの二眼レフが凌ぎを削っていたそうです。

昭和20年代半ばから30年代前半までの短い期間のことです。


二眼レフの魅力を味わったなら、是等国産TLRを知らないというのは損な話です。
先日も、ケーブルで「ALWAYS 3丁目の夕日」をやっていましたが、
東京が暮らしの町であった頃の、昭和の息吹を味わえ、
使い方はほぼどれも共通、
レンズシャッターは修理も容易なので、カメラの作りを知るにも、
安いジャンクを直して使うにも、気軽に手が出せます。

こうした溢れんばかりの二眼レフを見ているだけでも楽しいですが、
レアものから、ゴミ同然の価格で売られているものまで、中古相場は多種多様なようです。
国産二眼レフにも明らかに格付けがあります。


相場の頂点に位置すると思われる、コーワ、フジ、コニカなどは、
まともな状態なら下手なローライフレックスより高いようです。
低価格帯のものは、様々なリスク前提であれば、オークションで¥5000もあれば買えるので、
私も一時何台か手を出してみました。
先日アップのオートコードもその中のひとつです(オートコードはもっと高いです)。

余程響く何かが無いと、私の場合飽きて使わなくなり、売ってしまうため、
今はプリモ、ワルツ、ピジョンがジャンクで残ってるだけです。

画像は、国産の中でも特にメジャーであった、アイレスフレックスによる五反田です。


にほんブログ村 写真ブログ 二眼レフカメラへどうぞ踏んで行って下さい
JUGEMテーマ:フィルムカメラ


その他の二眼レフ comments(0) trackbacks(0)
MINOLTA AutoCord III

ミノルタオートコードは、国産TLRの中でも、
ローライに代わる実用機として最も人気がある機種だったと思います。

よく理由として謳われていたのが、
・レンズが優秀でローライと遜色ない。
・フィルムの進行方向が逆?か何かで平面性に優れる。
・フレネルでファインダーが明るい
・レバーのヘリコイドが使い易い

などではなかったでしょうか。
各モデルの詳細については、このページが詳しいです。

たぶんTLR界において、ローライコードと同じ位のステータスはあるカメラです。
実際、描写もその上を行ってると思える節もありますね。

自分はなんとなく購入してみて、
たしかにレンズはしっかりしてると思いましたが、
全体にあまり使いいいとは思わず、
要はそれほど関心をもってこのシリーズを追ってはいません。

実は最初にebayで購入したTLRがオートコードの初期のモデルで、
解らずに使ってるうち、壊してしまい、TLR自分に向かないと思いました。。

その後、安いという理由だけで買ったローライコードを使って、
TLRの印象もガラリと変わったのですが、
ローライフレックスに慣れてTLRの作法が一通り解るようになって、
また買ってみて、結局あまりインパクトが無かったという感じです。

まぁローライの横で、国産TLRを気軽に楽しむ・・という趣味の上では、
価格が高いんですね、このカメラは。

オートコードが現役の頃は、ローライはあまりに高価な存在でしたから、
プロを含め実用機として重宝がられるのは想像出来ます。
また、60年代まで国産で生産され続けたTLRは希有だと思いますから、
如何にこのカメラの評価が高く、成功したカメラだったかったも解ります。

が、庶民でも頑張ればローライの2.8でも購入出来る(あくまで中古)現代、
オートコードに拘る理由というのは、私には特に見当たらないです。



にほんブログ村 写真ブログ 二眼レフカメラへどうぞ踏んで行って下さい
JUGEMテーマ:フィルムカメラ


その他の二眼レフ comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |